2014年05月04日

「海の覇者トマス・キッド」シリーズ 第9巻「ノルマンディ沖の陰謀」発売中!

前作の「謎の私掠船を追え!」から、約2年。待ちに待った
「キッド」の9巻がついに刊行されました。
「アミアンの和約」後、1年余りで再び戦争状態に陥る
フランスとイギリス。イギリス海軍のブリッグ型スループ艦
<ティーザー号>の海尉艦長キッドは、前作で最愛の女性を
亡くし、まさに失意のどん底から、再び人生をリセットする
必要に迫られます。

本巻で舞台となっているのは、フランス北西部ノルマンディ
地方のチャンネル諸島ですが、本国イギリスよりもフランス
に近い土地柄の独特なアイデンティティが、物語に「旨味」を
加えています。そして親友レンジとの男の友情は、欠かせない
スパイス。

ますます深く、面白くなる「海の覇者トマス・キッド」の
シリーズ第9巻、ぜひご一読下さい!

Kydd.jpg

海の覇者トマス・キッド[9]
「ノルマンディ沖の陰謀」
著者:ジュリアン・ストックウィン
訳者:大森洋子
発行:早川書房
定価:本体1,040円(税別)
posted by salty friends at 18:30| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

帆船<みらいへ>事業開始5月以降に

グローバル人材育成推進機構Facebookページによりますと、5月からの事業開始に向け、準備を進めている帆船<みらいへ>の運航事業ですが、3月末に国土交通省より、これまでの法解釈を変更し、セイルトレーニング事業もフェリーや遊覧船などと同様に「人を運送する事業」として法規制の対象にするとの通告があったそうです。
それに伴い現在、事業開始に必要な許可申請等の手続きについて監督庁と協議しているということです。

そのため、事業の開始までしばらく猶予を頂きます様よろしくお願い申し上げますという旨の文章が掲載されました。

グローバル人材育成推進機構 Facebookページ




posted by salty friends at 09:15| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帆船<みらいへ>神戸初入港!

帆船<みらいへ>が2014年4月18日午前10時30分、神戸港「かもめりあ」に初入港しました。

今回の入港は、桟橋への発着の安全を確認するためのトライアルのため、残念ながら一般公開はしないそうです。

2014年4月21日午前10時、帆船まつりが開催される、長崎に向けて訓練航海に出港するそうです。

2014 長崎帆船まつりHP
http://www.city.nagasaki.lg.jp/hansen/hansen.html

image.jpg








posted by salty friends at 04:09| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月03日

帆船「あこがれ」の記録1992〜2013 舵社より出版!!

舵社より『帆船「あこがれ」の記録1992〜2013』(A4版 フルカラー P128 1,200円+税)が出版されました!

記録集は全国の書店でも販売されるそうですが、こちらのウェブサイトでも販売されています。
http://honto.jp/netstore/pd-book_26136709.html

帆船「あこがれ」20年の集大成!素晴らしい写真と文書で、この船への愛情がにじみ出た1冊になっています。是非ご覧になってください!!

image.jpg

posted by salty friends at 04:24| ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月01日

2014.1.1. 謹賀新年 Happy New Year!

SF_NYG2013_2.jpg

旧年中は大変お世話になりどうもありがとうございました。

おかげさまで SaltyFriends は2003年の発足から早くも丸10年、今年で11年目を迎えることができました。

ここまで続けてこられたのは多くの方々の支えや励ましがあったからに他なりません。深く感謝を申し上げるとともに、今後とも SaltyFriends をどうぞよろしくお願い致します。

本年が皆様にとって幸多き年となりますようお祈り申し上げます。

2014年1月1日 SALTY FRIENDS スタッフ一同

SF_Chigirie2013.jpg
(このちぎり絵作品(実寸約1820x910mm)は、2013年春と秋に若洲海浜公園にて開催されたイベント、「シーフロントミュージアム」 に参加した子どもたちと共に制作したものです)
posted by salty friends at 23:46| Comment(0) | SaltyFriendsのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月11日

天保山まつりに<菱垣廻船>現る!(大阪)

神事.jpg 中央突堤 出発.jpg 大阪港駅前 通過.jpg パレード 区長と健ちゃん.jpg 港住吉神社 参拝.jpg 港住吉神社前.jpg マスト立て 赤レンガ倉庫.jpg そろって展帆.jpg

大阪港築港一帯で「第6回天保山まつり」が開催されました!天気予報は雷雨や突風などが出ていて行事の半分ぐらいが中止となってしまいましたが、午前中は何とか天気ももち、予定通り菱垣廻船パレードや展帆・餅まきなどが行われました。

午前8時、港住吉神社による菱垣廻船巡航の無事を祈る神事が大阪港中央突堤上屋2号倉庫にて行われた後、大阪市立築港中学生約30名や、港住吉神社の氏子約20名、元帆船あこがれボランティア・スタッフ約25名、その他天保山まつり実行委員会の方なども加わり、吉本興業のトミーズ健さん、浅越ゴエさん、港区長さん先導の元、午前11時にパレードがスタートしました。

途中、大阪港レトロビルの天満屋ビル、合同庁舎、大阪港駅前を通過。港住吉神社に参拝した後、赤レンガ倉庫へと進みました。

赤レンガ倉庫前では菱垣廻船1/3の船体の上に寝かせていた帆柱を約10人がかりで立て、帆を張り、トミーズ健さん、浅越ゴエさん、港区長さんらが船上から餅まきを行いました。

菱垣廻船1/3と1/10は、お昼過ぎまで展帆した状態で展示されていましたが、雨が降ってきたため、予定を早め午後3時過ぎに文楽・太夫の豊竹英大夫さんによる義太夫節による口上が行われ、復路をスタートしました。



posted by salty friends at 04:12| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

<天保山まつり>雨天による開催内容変更のお知らせ(大阪)

明日(10日)の天保山まつりですが、現時点にて天候が崩れることが予想されるため、開催内容を一部変更する運びとなりました。来場を楽しみにされていた方には大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
詳しくは天保山まつり公式HP http://www.tempouzan-maturi.com/#top
または天保山まつり公式フェイスブックページ
https://m.facebook.com/tempouzan
をご参照下さい。

【菱垣廻船お披露目パレード】<開催予定>
<往路>11:30〜12:15 (15分繰り上げ予定)
<復路>16:30〜17:00
※気象状況により変更の場合あり

【事務局より】

下記は荒天時を除き開催予定です。雨天の場合はレインウエア、またはポンチョなどをご用意の上、ご来場ください。

\雨が降っても!/
もちまきイベント開催のお知らせ

\え〜やん!/天保山まつり公式サポーターたちが、菱垣廻船の上から500個の紅白もちをまきます。

菱垣廻船は大阪に繁栄をもたらした宝の船。その船上から公式サポーターの皆さんがまかれる紅白もちは、きっと幸福を運んでくれることでしょう。どうぞ赤レンガ倉庫横広場にお集まりください!

(お餅は個別梱包されていますので、お持ち帰りください)

【出演】トミーズ 健さん(初代公式サポーター隊長)、浅越 ゴエさん(スペシャルゲスト)
【時間】12:30〜(菱垣廻船パレード往路終了後)
【場所】赤レンガ倉庫横広場

※天候により変更する場合があります。中止の場合は公式サイトまたはFacebook
https://m.facebook.com/tempouzan
にてご連絡しますので随時ご確認ください。

天保山まつりパンフレット
https://dl.dropboxusercontent.com/u/51792444/event/1.pdf



posted by salty friends at 22:07| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月08日

天保山まつり開催迫る!!(大阪)

昨年から帆船あこがれウィンズクラブが協力している、大阪市港区のお祭り「天保山まつり」。今年は、そのメインイベントのひとつである、菱垣廻船復元プロジェクト「浪華丸ヒガキくん」のお手伝いをしています!

天保山まつり当日2013年11月10日(日)の「ヒガキくん」の大まかな予定です。
お時間ある方は朝8時からのご参加をお願いします(^O^)/!!



2013年11月10日(日)の予定

AM08:00〜お祓い神事(朝早いので可能な限りで/大阪港中央突堤2号上屋にて)
 10:00〜赤レンガ倉庫で開会式
 11:00までに中央突堤2号上屋集合
 11:15頃〜引き出し
 11:30パレードスタート
 12:30赤レンガ倉庫広場到着/展帆
 トミーズ健さん、ゴエさん福巻き後/適宜展帆
 16:30赤レンガ倉庫広場退場
 17:00 中央突堤2号上屋到着/軽い打ち上げ

皆様のご参加をお待ちしています!!

image.jpg


posted by salty friends at 12:12| Comment(0) | SaltyFriendsのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月22日

帆船<みらいへ>突撃レポート(大阪)

image.jpg
<大阪市内のドックに浮かぶ 帆船「みらいへ」>

image.jpg
<落札した一般社団法人 グローバル人材育成推進機構の小原朋尚さん>

image.jpg
<船尾飾り>

image.jpg
<「みらいへ」遠景>

2013年7月16日に行われた大阪市の帆船<あこがれ>の一般競争入札にて、3212万円で見事落札した、一般社団法人 グローバル人材育成推進機構の理事 小原 朋尚さんと、株式会社 エス・ティー・ワールド 鈴木 崇応和歌山センター センター長にお話をうかがいました。




(ソルティーフレンズ:以下 SF)

落札、おめでとうございます。
今回の落札では、旅行会社の株式会社 エス・ティー・ワールドさんに資金援助をしていただいたということですが、どのようなつながりで資金援助をしていただけるようになったのでしょうか?


(小原さん)

2010年頃に和歌山大学で、和歌山大学の経済学部の先生や、和歌山の地元の方との共同研究で、マリンスポーツを活用した教育旅行の受け入れ態勢づくりに従事していました。その時、和歌山大学の隣で大学生の宿舎を運営していた、ダイビングの海外ツアー専門旅行会社のエス・ティー・ワールドさんに出会いました。
2013年4月にエス・ティー・ワールドさんの約1ヶ月にわたる新入社員研修のうち、1週間を私が担当することになりました。その時のプログラムは和歌山から兵庫県の新西宮ヨットハーバーまで24時間かけて歩いて、その次の2日間は、新西宮ヨットハーバーでヨットの講習を受けて、その後、2日間かけて和歌山マリーナシティーまで、30フィートのヨット2隻に9名ずつ分乗して航海するといった内容で、そのセイリングによる冒険教育プログラムにより、コミュニケーション能力やリーダーシップの数値が上がり、成功を収めました。
そんな時、大阪市の帆船「あこがれ」が売却されるという話を聞き、エス・ティー・ワールドさんに対し、冒険教育プログラムを事業として成立させたいとプレゼンテーションを行い、エス・ティー・ワールドの社長に即決していただきました。



(SF)

整備が終わったら、どこの岸壁に行かれますか?


(小原さん)

台風が近付いており、台風避難という事で大阪南港G岸壁にしばらく係留する予定です。


(SF)

神戸をホームポートにするという事なのですが、
その理由はどんなところにありますか?


(小原さん)

瀬戸内海の島々に近く、新幹線・飛行機の交通アクセスが良い。また、海と街が近いという点も神戸に決めた理由です。


(SF)

「みらいへ」という船名はどういう想いでつけられましたか?


(鈴木さん)

前に進み続ける力強さを一言で表せ、希望が持てる船名で、英語でも理解されやすく発音もしやすく、子どもにも「未来」という言葉から憶えやすいなど、様々な事から考慮して、エス・ティー・ワールドの社長が名づけてくれました。


(SF)

船体を紺色にした由来などございますか?


(小原さん)

アメリカのヒンクリーというヨットなども参考にし、高級感のある色を付けたいと思った。また、紺色がエス・ティー・ワールドのコーポレートカラーであることも、この色に決定づける動機となった。


(鈴木さん)

エス・ティー・ワールドはダイビングリゾートの旅行会社で、地球を舞台としています。ロゴの色が海の色のコバルトブルーと、太陽のオレンジ色のアースカラーを使用しています。



(SF)

ボランティア・スタッフの募集等はございますか?


(小原さん)

今のところは専任のクルーを募集しており、それが決まってから、どのような事でお手伝いしていただくかを含めて検討したいと思っています。



(SF)

今後はどのように運営していきたいと思っておられますか?


(小原さん)

学術教育と人間教育をミックスさせた、学際的な「経験教育」ができる船を目指しています。大学や高校の単位を取ったりできるプログラムや、企業の研修等にも大いに利用していただきたいです。
瀬戸内海を主なフィールドと考えていますが、企業数や学校数は関東が多いので、そちらに航海していくこともあるでしょう。

様々な教育研究拠点となるような船になれば素晴らしいと思っています。




<取材を終えて>

取材日当日、<みらいへ>は大阪市内の造船所に入っており、その中で貴重な時間を割いて答えていただきました。

10月22日は係留運転などを行い、23日には午前10時にドックを出津。海上試運転をして大阪南港G岸壁へ移るという事です。


10月23日といえば、30年前、大阪港に世界の帆船が集まった「'83大阪世界帆船まつり」の大帆船パレードが大阪湾一帯で繰り広げられた日でもあります。
30年前、このイベントをきっかけに何万人もの人が大阪港へ押し寄せ、大阪ベイエリアが発展する礎にもなりました。

帆船<みらいへ>がこれから未来に向かって、力強く進んでいくことを心よりお祈りいたします。UW!!







posted by salty friends at 19:56| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

菱垣廻船 講演会 大成功!(大阪)

image.jpg

2013年10月12日(土)、水都大阪2013のイベントのひとつ、神戸商船大学(現 神戸大学 海事科学部) 松木哲名誉教授による「菱垣廻船の魅力」についての講演会が大阪港 中央突堤の上屋にて開催されました。大阪市 田端港区長をはじめ約50名が先生の話を聞き、江戸時代に菱垣廻船が全国各地の港から天保山に物資を運び、「天下の台所 大坂」を支えていた時代に思いを馳せました。

2013年11月10日(日)に大阪市港区築港一帯で開催される「第6回 え〜やん!天保山まつり」では、上記の菱垣廻船1/3が中央突堤から赤レンガ倉庫までをパレードします!

また、それまで平日を含めて毎日、中央突堤の上屋で菱垣廻船の復元作業が行われます。

ご興味のある方はぜひご参加下さい。一人でも多くのご参加をお待ちしております。

image.jpg image.jpg




posted by salty friends at 04:16| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする