2017年09月19日

秋の「海と船のおはなし会」は「赤い灯台」

秋といえば11月1日は「灯台記念日」ですよー!
この日前後は、内部を一般公開する灯台もたくさんあります。
ぜひ足を運んでみて下さいね。という訳で、今回の
おはなし会では、灯台の絵本を読み聞かせいたします。
Ohanashikai_16(24)_20171008.jpg

今から100年ほど前のこと。瀬戸内海にある来島海峡は
船乗りたちから「魔の海峡」と呼ばれ、恐れられていました。
せまくて潮の流れがはやい、航海の難所だったからです。
「船が安全にとおれるよう、灯台を作ろう!」ということに
なりますが・・・。
今回は、来島海峡の鴻ノ瀬岩礁に、明治35(1902)年に
実際に建てられた、赤い灯台のおはなしです。

フネカン学芸員によるミニ・ギャラリートークは「日本の
灯台の歴史」。
灯台の模型や、錦絵、その昔観音崎灯台に使われていた
横須賀製鉄所で製作されたレンガなどを展示します。

さわやかな秋の一日、ぜひご家族やお友達と、ご参加下さい。

「海と船のおはなし会」
日時:2017年10月8日(日)午後2時半〜
会場:東京都品川区東八潮3−1「船の科学館」別館展示場
   (代)03-5500-1111
おはなし隊:Salty Friends
posted by salty friends at 23:54| 海&帆船のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする