2009年02月02日

東京海洋大学 海洋工学部公開講座「船の博物学講座」

ひらめき2月14日(土)、<明治丸>のある東京都江東区の越中島
キャンパスにて、庄司邦昭先生の公開講座が行われますメモ
テーマは日本と世界の港町で、今回はフランスのサンナゼール
とブルターニュ巡り。

サンナゼールは18世紀、フランス国内でNo.1の貿易港として栄え、
現在でもフランス大西洋側のもっとも重要な港として発展を
続けています。
一方、世界遺産で有名なモンサンミッシェルぴかぴか(新しい)のあるブルター
ニュ地方のサンマロは、その昔「コルセール」と呼ばれた政府
公認の海賊たちが活躍した舞台でもありました。

講座では、庄司先生がご自分で取材なさった各地の海洋博物館
などの写真をおり交ぜながら、ブルターニュの歴史や文化を
紹介して下さいます。
ついに工事が始まった<明治丸>の様子を観察しがてら、
ぜひ講座にご参加下さい♪


かわいい「船の博物学講座」みなとまち その3 サンナゼール

日時:2009年2月14日(土)午後1時〜午後3時
講師:庄司邦昭先生
会場:東京都江東区「東京海洋大学」越中島キャンパス
   1号館1階116教室
費用:無料
申し込み方法:はがき、ファクシミリまたはeメールにて

 記載内容:「2007年度第3回受講希望」住所、氏名、年齢、
 電話番号(なお申し込みいただいた内容は、本講座の実施や
 連絡のみに使用されるとのこと)

申込先、問い合わせ先:
住所:135-8533 東京都江東区越中島2−1−6 
東京海洋大学海洋工学部 庄司 邦昭先生

電話&ファクシミリ:03-5245-7394(庄司研究室)
電子メールアドレス:shoji@kaiyodai.ac.jp(←@を半角に直して
お送り下さい)

アクセス:JR京葉線「越中島」駅下車2番出口より徒歩約2分
     地下鉄東西線、大江戸線「門前仲町」駅4番出口より
     徒歩約10分
     地下鉄有楽町線、大江戸線「月島」駅2番出口より徒歩
     約10分

東京海洋大学越中島キャンパスの案内
posted by salty friends at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック