2016年08月29日

「エスメラルダ」B.E Esmeralda 出航準備

土日(8月27・28日)の一般公開では、トータル3,300人の
お客様が、晴海埠頭に係留中の「エスメラルダ」を訪れました!

ピーク時は、桟橋もデッキ上も長蛇の列列列!Salty Friends
ボラチームでは、乗下船されるお客様の交通整理や、艦内での
順路の誘導、階段の見守り(土曜日、足を踏み外して落下
された方アリ)、乗組員への質問の通訳などをお手伝い
していました。

2000 visitantes.JPG
ギャングウェイ(桟橋との連絡通路)は一つしかないため
乗下船は交代で行います。順番を待つ来艦者の長蛇の列。

P8280017.JPG cumbre de Trinquete.JPG
(左)夕方、日の丸とチリ国旗を下ろす準備をする乗組員たち。
両国の国歌が流れている間は、何をしていても乗組員
全員が手を止め、直立不動で国旗に敬意を払います。

(右)ここが48.5m、フォアマストのてっぺん。(白い点々は、
登った時に小雨が降っていたためについた雨粒)
ここに揚がっている国旗は、デッキではなくトップ台について
いるフラッグハリヤード(旗の揚索)で揚げ降ろしします。


台風10号が心配な状況ではありますが「エスメラルダ」は
明日8月30日に、東京港の晴海埠頭を出航予定です。
今のところ出港時間は午後2時頃となっている様ですが
台風の動き次第では、変更の可能性もあるとのこと。

変更の場合は、また追ってお知らせいたします。

los tripulantes en Mikasa.JPG
29日、横須賀の記念艦「三笠」を表敬訪問する「エ号」
士官候補生たち。

La Esmeralda 1  29,8,2016.JPG
海自のホストシップ「まきなみ」のブリッジから。
出航準備をする「エスメラルダ」。

東京を出てからの航路は、瀬戸内海は通らず太平洋側。
出航してしばらくは、台風の影響を受けそうですね。
ちょっと心配;;
posted by salty friends at 21:24| 海&帆船のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

「エスメラルダ」出航時間

昨日8月24日、エンジントラブルのため2時間遅れで
三浦半島の観音崎に現れ、海上自衛隊の砲台と9年ぶりに
礼砲交換を行った「エスメラルダ」。

いよいよ明日は7時40分〜8時に晴海埠頭に接岸します。
台風10号の動きが気になるところですが、今のところ
一般公開は予定通り27・28日の土日午後2時〜6時まで
行われる予定です。今回のホストシップは、大湊から
護衛艦「まきなみ」。「エスメラルダ」は接岸中、毎日
ライトアップされるとのこと

Esme 24.8.2016.JPG
礼砲交換を終え、馬堀海岸沖を検疫地に向かう
「エスメラルダ」


尚、前回のお知らせ時点で未定だった「エスメラルダ」の
出航時間について、続報です。
出航は8月30日(月)12:00。但し天候その他の理由により、
早く出航してしまう可能性もあり。その場合は確認取れ
次第、こちらでもお知らせ致します。
posted by salty friends at 21:52| 海&帆船のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月09日

チリ海軍練習帆船「エスメラルダ」一般公開のお知らせ!

すでにチリ海軍練習帆船「エスメラルダ」の今月末26日〜30日の来日
情報はお知らせしておりますが、嬉しいことに一般公開も決定しまし
た!!
今回は土日の二日間のみですが、その分夕方6時まで公開されます
ので、東京港のきれいな夜景も、デッキから楽しめそうです

そしてそして!今回の「エスメラルダ」来日で、Salty Friends
ボランティアチームは、ガイドボランティアとして一般公開を
お手伝いさせて頂けることになりました!!
コロンビアの「グロリア」、ポルトガルの「サグレス」来日の時と
同様、甲板上で乗組員と一緒に、一般のお客様のアテンドを行い
ます。久しぶりの、来日帆船でのボランティアです♪

尚、メルマガ登録読者対象の見学会開催もチリ大使館に申し入れを
しておりますが、現在、他の公式行事との兼ね合いで調整中です。
開催OKとなりましたら、メルマガ号外で改めてお知らせいたします。

    ********************

   BE Esmeralda 2010.JPG

 チリ海軍練習帆船「エスメラルダ B.E. Esmeralda」一般公開

日程:2016年8月27日(土)・28日(日)
時間:両日とも14:00〜18:00
接岸場所:東京港晴海埠頭 
費用:無料

晴海埠頭では両日、警備のための乗船受付が設置されるものと
思われます。一般公開に行かれる場合は、念のために一応
身分証を持参されることをお勧めいたします。
posted by salty friends at 00:08| 海&帆船のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月05日

「スピリット・オブ・マジャパヒト」一般公開

去る8月3日(水)、千葉県船橋市の葛南港区において、千葉港振興
協会と拓殖大学による復元帆船「スピリット・オブ・マジャパヒ
ト号」の歓迎セレモニーが開催されました。船内見学会も行われ、
東南アジア独特の造船技術や装飾が参加者の注目を集めています。

同船は式典後に港内の千葉海上保安分室前の岸壁に移動、ここに
9日まで停泊予定で、7日(日)には一般公開も行われる予定です。

ヨーロッパ式ではない、アジア古来の帆船に触れる貴重な機会を
お見逃しなく!

maja 1.JPG
posted by salty friends at 01:13| 海&帆船のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8月の「海と船のおはなし会」

昨年、船の科学館別館展示場で再会した「海と船のおはなし会」は、
不定期で継続中。この8月は、帆船が出てくる絵本を2本、
読み聞かせいたします。
大人も子供も絵本と船が好きな人、集まれ〜!

いつものように、波や風の効果音つき☆ 読み聞かせの後は
お話しのテーマに沿ったミニ・ギャラリートーク。普段非公開の
フネカン収蔵資料も、おはなし会当日に限り展示予定です。


「やまとゆきはら」

関屋 敏隆作・絵 福音館書店(2002年発行)
 
船の科学館にある「宗谷」は日本における初代南極観測船。でも、
初めて日本の船で南極に行ったのは探検家、白瀬矗(しらせのぶ)が
指揮した「開南丸」という小さな木造の帆船でした。

何度も困難を乗りこえながら、それでもひたすら南極を目指した
白瀬たちの行く手に待ちかまえていたものは・・・。
今回は、白瀬氏が帰国後に自身の南極探検を記した「南極記」初版本
(1913年発行)や、南極の氷を展示します。

開催日時:2016年8月6日(土) 12:00〜12:45
会場:船の科学館 別館展示場
参加費:無料

おはなし会 やまとゆきはら.jpg


「ふなゆうれい」

「夏の迎え盆の頃だけは、船を出してはいかん」
昔から地元に伝わる言い伝えに背いて、仲間と漁に出た佐吉たち。
ふと気づくと、あたりにはいつの間にか濃い霧がたち込め、
誰も乗っていない船がひっそりと浮かんでいた。
そこへ、どこからともなく聞こえてきたのは・・・
「ひしゃくを貸せぇぇぇ・・・」

日本各地に伝わる船幽霊の伝説をもとに、お話・絵とも
Salty Friendsで作ったオリジナル紙芝居です。いつもの波や
風の効果音に加えて、なんと絵が動くシーンも!!

読み聞かせの後のミニ・ギャラリートークは、
むかしの船や航海にまつわる言葉や習慣などを
学芸員が分かりやすく解説します。

開催日時:2016年8月14日(日) 12:30〜13:15
会場:船の科学館 別館展示場
参加費:無料

おはなし会 ふなゆうれい.jpg
posted by salty friends at 00:34| SaltyFriendsのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする