2005年08月28日

古代船「海王」大阪到着

海王 南港2005.jpg
7月24日に熊本県宇土マリーナを出航した「大王のひつぎ実験航海」の古代船「海王」が8月26日無事大阪に到着しました。全行程1006キロ、34日間をかけて延べ約740名もの漕ぎ手がリレーし、最終目的地「大阪」に到着しました。
posted by salty friends at 03:29| Comment(1) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

セイルアムステルダム始まる

5年に1度の世界最大級と呼ばれる帆船のお祭り「SAIL Amsterdam 2005」が、いよいよ始まりました!
詳しくはHPとライブカメラでお楽しみください!!
☆いろんな角度からセイルアムステルダムを見ることができそうです!画面もスムーズ!!→ http://sail.tiscali.nl/
☆アイマウデンとアムステルダムを一度に見れる → http://www.sail.nl/vandaag/webcam/
2005 セイルアムス.jpg



posted by salty friends at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

大王のひつぎ「海王」漕ぎ手大募集(大阪)

海王.bmp
近畿の古墳の中に、熊本県宇土地方にしか産しない石で造られた巨大な石棺が見つかっています。
この6〜7トンもの巨大な石棺が、遙か800km離れた大和の地まで、なぜ、どうやって、どのような経路を通って運ばれたのかを実証する実験航海が、九州、中国、関西を中心とする考古学、古代史、海洋史の研究者と地域おこし団体、行政などが中心となって行われています。
今回、7月24日に熊本県を出港した大王のひつぎ実験航海の船「海王」が、大阪に到着するに当たり「Salty Friends」もこの実験航海のエキシビジョンに協力し、スペイン復元帆船「ビクトリア」の待つ天保山岸壁まで漕いで、また南港O's岸壁まで戻っていただく「漕ぎ手」を募集します。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
大王のひつぎ実験航海イベントの参加者大募集!

 なにわの海の時空館が8月28日(日)に行う現地説明会でエキシビジョン航海。
復元船「海王」の漕ぎ手を大募集します。あなたも、この夏の思い出に参加してみませんか。

有明の海、熊本県宇土からはるばる800kmの波頭を越えて、
8/26(金)17:00頃、大阪 (Os岸壁着岸)にやってきます。
この復元船「海王」を紹介するとともに
「大王のひつぎ実験航海」のプロジェクトを多くの市民にPRします。

日時 8月 28日(日) 集合AM9:00 南港 Os岸壁 あこがれポンツーン前

行程  Os岸壁  時空館   天保山    <現地説明会> 
往路予定 10:00 → 11:00 →12:00  〜天保山岸壁にて
復路予定 17:00 ← 16:00 ← 15:00 考古学の先生による説明会

・エキシビジョン航海の内容
この復元船「海王」は全長約12m、幅2m、重さ5dで、片側9名、計18名で漕ぎます。
場所は天保山岸壁付近で、櫂(ボートやカッターのオールのような物)を乗船者が
リズムを合わせて漕ぎます。前日に練習がありますのでご安心ください。
また、Os岸壁から現地までは曳航船のサポートを受けます。

・募集要項 
募集人員 40名 (締切り8/24、但し、定員になり次第締切ります。)
高校生以上〜でとりあえず健康な方ならOK(舷側が高いため小中学生不可)
往路、復路、または往復のいづれかとなります。
・練習会 8/27(土)15:30〜17:00 場所:南港Os岸壁にて

<前日8/27(土)の予定> 
12:00〜14:00 ビラ配り、説明会
14:00〜15:00 神戸商船大学名誉教授 松木先生による説明会
15:30〜17:00 漕ぎ手の練習会 15:00あこがれポンツーン前集合

・協力団体 Sail‘O‘(大阪帆船と国際交流の会)、SaltyFriends
安治川まち探し街づくりフォーラム実行委員会

<申込先> 
住所・氏名・年齢・電話番号を明記の上
tomonari@saltyfriends.com 
までご連絡ください。
詳細は、後日連絡します(担当:ふっくん@大阪)。
posted by salty friends at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | SaltyFriendsのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

ビクトリア特別招待

朝日新聞社の特別ご招待日が下記の日程でございます。
特別招待日には船内を造ったり観覧できるとともに、ビクトリア号来日を記念した粗品もプレゼントされるということです。
特別招待日:9月2日(金)・3日(土)・4日(日)(所要時間40分)
場所:天保山岸壁(海遊館西側・大阪市営地下鉄中央線大阪港駅徒歩5分)※特別招待日には一般の方の観覧はできません。
応募要項:官製はがきに観覧卒望日、卒望人数、午前の部(11:00〜13:30),午後の部(14:30〜17:30)の卒望、代表者の住所、氏名、年齢、電話番号を明記のうえ、
〒530-8211(住所不要)朝日新聞大阪本社宣伝PR部「ビクトリア号特別招待」係 まで。
※8月16日(火)必着。当選発表は招待状の発送をもってかえさせていただきます。
※集合時間など詳細は招待状にてお知らせします。お送り頂いた個人情報は、招待状発送のために使用させていただきます。

また、Salty Friendsでも9月11日(日)に「なにわの海の時空館」や「大阪帆船と国際交流の会」などと共催で、「16世紀のビクトリアの航海と21世紀のビクトリアの航海」の講演会をキャプテンを招いて開催する企画を計画中です(なにわの海の時空館にて)。
開催概要など詳細は現在、船側と詰めているところなので決まり次第このブログにUPさせていただきます。
海遊館とビクトリア.jpg
posted by salty friends at 15:01| Comment(0) | TrackBack(0) | SaltyFriendsのお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

ビクトリア 大阪港到着!

スペインの復元帆船「ビクトリア」が2005年8月11日(木)20:30頃大阪港天保山岸壁(海遊館の西側)に無事到着しました!ビクトリアは13日(土)より一般公開を始めます。

公開期間: 平成17年8月13日(土)〜9月11日(日)
公開時間: 11:00〜13:30、14:30〜17:30
休 館 日: 月曜日及び9月2日〜9月4日
観 覧 料: 無料
停 泊 地: 大阪港 天保山西岸壁
公開内容: 16世紀の船上生活の様子、16世紀の食料模型の展示、16世紀の航海観測機器の展示、船員との交流を通しての航海体験談

また、8月12日(金)9:00〜 大阪市港湾局より初入港記念プラークと花束の贈呈が行われる、ということです。また、船の現在の状況はこちらでご覧になれます!
posted by salty friends at 06:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 海&帆船のイベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月10日

ビクトリア出港(名古屋)

スペインの復元帆船「ビクトリア」が2005年8月9日午前11時に名古屋港を出港した模様です。
大阪での一般公開は8月13日(土)〜9月11日(日)天保山岸壁(海遊館西側)の予定です。
posted by salty friends at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

船の科学館「ザ・ロープ」常設展示場 展示作品入れ替え

現在、東京「伊東屋」銀座本店にて「創立30周年記念帆船模型展」を開催中の帆船模型
同好会「ザ・ロープ」。同会の常設展示場がある、東京お台場の「船の科学館」羊蹄丸では、
8月に入り展示作品の入替えを行なう予定です。

入れ替え作業は、2005年8月6日午前より。作業中も観覧は自由とのこと。
今回新しく展示される作品は「ザ・ロープ」や「横浜帆船模型同好会」の展示会などでも
お馴染みの、1/48&1/300「HMSヴィクトリー」をはじめ「エスメラルダ」
「あこがれ」「明治丸」などなど。
前回とくらべると、若干現代船の数が多くなっているようです。

前回同様、「羊蹄丸」プロムナードギャラリーの展示スペースは観覧無料。
お気軽にお出かけ下さい☆

「船の科学館」ホームページへ




posted by salty friends at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする