2004年12月24日

「ビクトリア」パナマ運河通過

先週12月18日「ビクトリア」はパナマ運河を通過。ついに太平洋に入りました!
カルタヘナからはパナマまでの3日間の航海には、スペイン人女性が3人(船長のお嬢
さん達と万博公団関係者)が乗船。この間天候がかなり荒れたらしく、ティラー(舵柄)
の取っ手や調理台などが少々壊れた、とのこと。
しかし幸い大したことはなく、航海続行に支障はない模様です。

しかし現時点で航海スケジュールは若干遅れが出ており、アカプルコでの一般公開は、
残念ながら取り止めになる予定。そのぶん補給・休養を兼ねてクリスマスまではパナマ
に滞在し、27日に出港。一気にハワイを目指します。

posted by salty friends at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月10日

復元帆船「ビクトリア」続報!

6月の「ニュース」でお知らせした、来年の「愛知万博」開催にあわせてスペインから
来日する復元帆船「ビクトリア」に関する続報です。

現在「ビクトリア」は大西洋を渡りきったところ。今のところ彼女は5ノットから7ノットの
スピードで順調に航海中で、この一両日中にコロンビアのカルタヘナへ入港します。
その後パナマ運河を経由しアカプルコで一般公開をした後、いよいよ太平洋横断!
日本での最初の寄港地、愛知県名古屋港への到着は、3月20日ごろになる予定です。

ところでこの「ビクトリア」の、日本国内における活動(総代理店:日本シネセル株式
会社)を、もと「日本セイルトレーニング協会」所属「海星」で船長をなさっていた
川崎幸弘さんがサポートなさることになりました。
具体的には「ビクトリア」の日本国内における運航調整や、寄港地で行なわれるイベントに
関するetc.など、陸上部分のマネージメントを担当されるとのこと。

名古屋以外の寄港地については現在調整中ですが、決定しだい順次お知らせしていく
予定です。お楽しみに!!

「スペインパビリオン」ホームページもチェック☆




posted by salty friends at 01:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする